(ビジネスワイヤ) -- ムーディーズ・コーポレーション(NYSE:MCO)は、生成人工知能(GenAI)を搭載した初の検索・分析ツールであるムーディーズ・リサーチアシスタントの立ち上げを発表しました。ムーディーズ独自の広範なコンテンツと最新の大規模言語モデル(LLM)を活用して、顧客がムーディーズの信用調査、データ、分析の幅広さと深さから新たな洞察を生み出すのに役立ちます。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20231205152548/ja/

ムーディーズ・リサーチ・アシスタントは、金融市場参加者が商業的に利用できる最初のGenAIを利用した調査ツールとして、膨大な量の情報を合成し、ユー�ーが融資や投資の機会を評価し、動向を監視し、事業体を比較し、分析ワークフローを迅速かつ大規模に強化できるようにします。ムーディーズ・リサーチ・アシスタントは、最新のGenAIテクノロジーと組み合わせたムーディーズの広範な独自コンテンツに基づいており、ユー�ーはより総合的なリスク洞察をより迅速に生成できます。

「金融マーケットの参加者にとって、今日の複雑なリスク�況をうまくナビゲートするには、多くのリスク領域にわたる膨大な研�とデータの資源集約的な分析が必要です。」ムーディーズ・アナリティックスのデジタル・インサイト担当ゼネラル・マネージャーである、クリスティーナ・ピレッティはこのように述べました。「ムーディーズ・リサーチ・アシスタントを使えば、これまで何時間もかかっていた分析を今では数分で完了できるようになり、戦略的な意思決定により多くの時間を割くことができます。」

ムーディーズ・リサーチ・アシスタントのパイロットに参加したユー�ーは、生産性と有効性の向上を報告しました。パイロット期間中に観察された指標に基づくと、ムーディーズ・リサーチ・アシスタントを追加することで、ユー�ーはデータ収集に費やす時間の最大80%、分析に費やす時間の最大50%を節約できました。全体として、ムーディーズ・リサーチ・アシスタントは、ユー�ーが財務アナリストの典型的なタスクと機能の実行に費やす時間の最大27%を節約できたことが結果から示唆されています。

ムーディーズ・リサーチ・アシスタントは、ムーディーズの主要な格付けおよび調査ソリューションであるCreditViewのアドオンとして利用できます。マイクロソフトのAzure OpenAIサービスと高度な言語処理技術を使用して、ムーディーズ・リサーチ・アシスタントはCreditViewの既存の情報検索システムを補完し、テキスト・コンテンツ内の関連する事業体、業界、および地理的地域を効果的に特定します。

ムーディーズ・リサーチ・アシスタントは、ムーディーズ・インベスターズ・サービスの最新の格付けアクション、クレジット・オピニオン、調査レポートを�羅し、ユー�ーにリアルタイムの回答を提供します。最終的には、ムーディーズ・リサーチ・アシスタントは、クレジット、気候、サイバー、コンプライアンス、サプライチェーンなどのリスク領域にわたって、ムーディーズのデータとコンテンツをより多く活用するように拡張されます。

ムーディーズ・リサーチ・アシスタントの立ち上げは、意思決定者がリスクを解読し、機会を引き出すのに役立つ、ムーディーズのその製品、ソリューション、プロセスへのAIの統合における最新の章です。ムーディーズのイノベーションへの��的なアプローチは、緊急性をもって進化すること、従業員に権限を与えること、そして顧客への影響を優先することという3つの主要な原則に基づいています。

ムーディーズ・リサーチ・アシスタントの詳細については、https://www.moodys.com/researchassistant をご覧ください。

GenAIに対するムーディーズのアプローチの詳細については、https://www.moodys.com/innovation/ai-principles.html ご覧ください。

ムーディーズ・コーポレーションについて

ムーディーズ(NYSE:MCO)は、組織がより良い意思決定を行えるようにする、グローバルな統合リスクアセスメント会社です。そのデータ、分析ソリューション、洞察は、意思決定者が機会を特定し、他者とビジネスを行うリスクを管理するのに役立ちます。私たちは、透明性の向上、より多くの情報に基づいた意思決定、情報への公正なアクセスが、進展の共有への扉を開くと信じています。40カ国以上に約15,000人の従業員を擁しているムーディーズは、国際的なプレゼンスと現地の専門知識、および金融市場における1世紀以上の経験を組み合わせています。詳細については、moodys.com/aboutをご覧ください。

1995年の私的証券訴訟改革法に基づく「セーフハーバー」声明

本リリースに含まれる一部の記述は、将来の見通しに関する記述であり、多くのリスクと不確実性を伴うムーディーズの事業および運�に関する将来の期待、計画および見通しに基づいています。これらの記述には、将来の予想に関する記述において企図され、表明され、予測され、予想され、または暗示されたものとは実質的に異なる実際の結果または成果を引き起こす可能性のある見積り、計画、目標、予測、仮定および不確実性が含まれます。株主および投資�の皆様におかれましては、これらの将来の予想に関する記述に不当な信頼を置かないよう注意してください。本リリースに記載されている将来の予想に関する記述およびその他の情報は、本書の発行日付現在で作成されたものであり、ムーディーズは、適用される法律または規�によって要求される場合を除き、その後の進展、予想の変更またはその他の結果のいずれであるかを問わず、将来にわたって当該記述を公に補�、更新または改訂する義務を負うものではなく、またその意図もありません。1995年の私的証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項に関連して、ムーディーズは、実際の結果がこれらの将来の予想に関する記述によって示されたものと、おそらく実質的に異なる可能性のある特定の要因を特定しています。これらの要因および不確実性には、以下のものが含まれますが、これらに限定されるものではありません。 インフレに対応する資本市場の混乱、インフレおよび関連する政府による金融政策行動を含む現在の経済�況の影響、世界的な信用市場および経済活動(合併・買収の量、国内および/または世界的な資本市場で発行される債券およびその他の証券の量への影響を含みます);金融機関の不安定性、金融およびクレジット市場における金融機関の不安定性、信用の質に対する懸念、ならびにその他の潜在的な影響を含む、米国および外国政府のイニシアティブおよび金融政策の現在の経済環境に対応するための不確実性および予想される付随的帰結;ロシア-ウクライナの軍事紛争および最近のイスラエルおよびその周辺地域における軍事紛争の世界的な影響、国際金融�況ならびに米国および一般的な経済�況とGDP全般における不安定性、世界的な関係、ならびに企業自身の活動および人員への影響;その他国内および他の国々で発行される債券およびその他証券の量に影響を与え得る事項、�争を激化させ、金融サービス業界における中断や仲介を加速させる可能性のある技術の利用の増加、ならびに非伝統的な当事者によって格付けされまたは評価される無格付けまたは証券の発行の数;米国および外国における合併吸収活動の水準;関税、租税協定および貿易障壁に関連するものを含め、米国および外国の政府の信用市場、国際貿易および経済政策に影響を与える不確実な効果と予想される付随的帰結に関する行動;MISによる信用格付けの撤退が、政治的不安定性がそのような行動を保証する国において、もはやムーディーズが商業活動を行っていない国に対する影響;市場における信用に影響を与える懸念、または独立した信用機関の格付けの完全性または有用性に対する市場の認識に影響を与える懸念;�合するおよび/または新興の技術および製品の導入または開発;�合他社および/または顧客からの価格設定圧力;新製品開発およびグローバル展開の成功レベル;NRSROとしての規�の影響、米国、州および地方の新たな法律および規�の可能性;EUおよびその他の外国の法域における�争および規�の増加の可能性;当社の格付意見に関連する訴訟、ならびにムーディーズが随時対象となる可能性のあるその他の訴訟、政府および規�当局の手�き、調査および照会への露出;訴答基準を修正する米国法の規定、および信用格付機関に不利な方法で信用格付機関に適用される責任基準を修正するEU規則;サービスの価格設定に追加的な手�的かつ実質的な要�を課すEU規則の規定、および規�目的で使用される非EU格付けを含めるための監督権限の拡大;米国と中国の将来の関係に関する不確実性;主要な従業員の喪失の可能性と世界的な労働環境の影響;当社の業務およびインフラの障害または機能不全;サイバー脅威に対する脆弱性またはその他のサイバーセキュリティ上の懸念;2022 - 2023ジオロケーション再構築プログラムなどの、当社の再構築プログラムのタイミングと有効性;通貨および外国為替の変動性;ムーディーズのグローバルな税務計画イニシアティブの管理税務当局によるレビューの結果;ムーディーズが、データ保護およびプライバシー法、�裁法、腐敗防止法、および政府職員への賄賂の支払いを禁止する現地の法律を含む、ムーディーズが事業を行っている法域で適用される外国および米国の法律および規�を遵守しない場合の、刑事�裁または民事上の救済措置を受ける可能性;合併、RMSの買収などの買収、またはその他の企業結合の影響、および買収した事業の統合をムーディーズが成功させる能力;将来のキャッシュ・フローの水準;設備投資の水準;そして、金融機関によるリスク管理ツールに対する需要の減少。これらの要因、リスクおよび不確実性、ならびにムーディーズの実際の結果が、将来の 予想に関する記述において企図され、表明され、予測され、予想され、または暗示されたものとは実質的に異なることを引き起こす可能性のあるその他のリスクおよび不確実性については、2022年12月31日に終了した会計年度のムーディーズの年次報告書(Form 10-K)のパートI、項目1Aの「リスク要因」、および当社がSECに随時提出するその他の書類、または本資料やその他の資料に組み込まれている資料に詳細に記載されています。株主および投資�の皆様におかれましては、これらの要因、リスクおよび不確実性の発生により、当社の実際の業績が、将来の見通しに関する記述において意図、表明、予測、予想または示唆されているものとは大きく異なる可能性があり、当社の事業、経�成績および財政�態に重大かつ不利な影響を及ぼす可能性があることをご承知おきください。新たな要因が発生する可能性が随時あり、当社は新たな要因を予測することはできず、また、新たな要因が当社に及ぼす潜在的な影響を評価することもできません。本資料に記載されている将来の見通しおよびその他の記述は、当社の企業責任の進捗�況、計画および目標(持�可能性および環境に関する事項を含む)に言及している場合があり、これらの記述が含まれていることは、これらの内容が投資�にとって必ずしも重要であることを示すものではなく、また、当社が証券取引委員会に提出した書類において開示が要求されているものでもありません。さらに、過去、現在および将来を見据えた持�可能性に関連する記述は、現在も発展中の進捗�況を測定するための基準、進化を�ける内部統�およびプロセス、ならびに将来変更される可能性のある前提条�に基づいている場合があります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

SHIVANI KAK 投資�リレーションズ 212.553.0298 Shivani.Kak@moodys.com

JOE MIELENHAUSEN コーポレート・コミュニケーションズ 212.553.1461 Joe.Mielenhausen@moodys.com

Moodys (NYSE:MCO)
Historical Stock Chart
From Mar 2024 to Apr 2024 Click Here for more Moodys Charts.
Moodys (NYSE:MCO)
Historical Stock Chart
From Apr 2023 to Apr 2024 Click Here for more Moodys Charts.