• サムスン・ファウンドリーの28 nm FD-SOIで構築したLattice Nexusプラットフォームがソリューション、アーキテクチャー、回路の各レベルにおける革新的機能を提供して、低�費電力エッジアプリケーションを実現

(ビジネスワイヤ)-- 低�費電力プログラマブルデバイスのリーダー企業であるラティスセミコンダクターコーポレーション(NASDAQ:LSCC)は本日、当社の新しい低�費電力FPGAプラットフォームであるLattice Nexus™(ラティス・ネクサス)を発表しました。このプラットフォームは電力効率に優れた性能を提供できるように設計されており、IoT向けAI、ビデオ、ハードウエアセキュリティー、組み込み型ビジョン、5Gインフラ、産業/自動車オートメーションなど、広範なアプリケーションの開発者が恩恵を受けられます。Lattice Nexusはソリューションからアーキテクチャー、回路まで、設計のあらゆる段階で革新成果を取り込んでおり、�費電力量を大幅に削減しつつ、より優れたシステム性能を実現します。

ラティスセミコンダクターの研�開発担当コーポレートバイスプレジデントのスティーブ・ダグラスは、次のように述べています。「Lattice Nexusプラットフォームは、並列処理とFPGAの再プログラム機能を、エッジでのAI推論やセンサー管理のような現在の技術動向が必要とする電力効率の性能によって補強しています。また本プラットフォームにより、ラティスによる今後の製品リリースのぺースが速まることになります。さらにLattice Nexusプラットフォームは、高成長アプリケーションを意識した使いやすいソリューションスタックを用意しており、これらはたとえお客さまがFPGA設計を専門としていなくても、より速やかに自社システムを開発する上で役立ちます。」

Lattice Nexusプラットフォームはお客さまにとっての使い勝手を向上させるために、革新的なシステムレベルのソリューションを提供します。設計ソフトウエアおよび事前設計済みソフトIPブロックを、評価ボード、キット、参照設計と組み合わせたもので、これらにより顧客は自社システムをより短期間で構築できます。これらのソリューションは組み込み型ビジョンのように主要な高成長アプリケーション分野を対象としており、センサーブリッジ、センサーアグリゲーション、画像処理のようなソリューションを含みます。

Lattice Nexusプラットフォームは革新的なアーキテクチャー機能を備えており、これにより業界有数の低�費電力でシステム性能を最適化します。例えば、プラットフォームの最適化されたDSPブロックと、容量を増強したオンチップメモリーにより、AI推論アルゴリズムなど、高電力効率のコンピューティングを実現しており、ラティスの先行FPGAと比べて半分の電力で2倍高速に動作します。

またLattice Nexusは革新的な回路設計を使い、プログラム可能な電力性能最適化や即時オン型アプリケーション向けの�高速構成など、重要な能力を顧客に提供します。

Lattice Nexusは、サムスンの高容量28nm完全空乏型シリコン・オン・インシュレーター(FD-SOI)プロセス技術を使って開発されています。この革新的技術は、トランジスターのリーク電流をバルクCMOSと比べて50パーセント低減でき、低�費電力のLattice Nexusプラットフォームを実現する上で最良の技術です。

サムスン・ファウンドリーのマーケティング担当バイスプレジデントのライアン・リー氏は、次のように述べています。「私たちはラティスと協業し、低�費電力FPGA市場でサムスン・ファウンドリーの28FDS製造プロセス技術のメリットを提供できることに感激しています。同社のFPGAファブリック設計に関する革新成果と専門力を、当社の業界有数の差別化されたファウンドリー技術と組み合わせることで、ラティスは今後も低�費電力FPGAのリーダーシップを�持できるでしょう。」

詳しい情報については、www.latticesemi.com/LatticeNexusをご覧ください。またLattice Nexusに関する詳細について、2019年12月10日の午後1時(太平洋標準時)よりウェブキャストを開催します。ウェブキャストへの登録はwww.latticesemievent.comで行うことができます。

ラティスセミコンダクターについて

ラティスセミコンダクター(NASDAQ:LSCC)は低�費電力のプログラマブルデバイスのリーダー企業です。当社は、拡大する通信、コンピューティング、産業、自動車、�費者市場において、エッジからクラウドを含むネットワーク全体で、お客さまの問題を解決しています。当社の技術、長期にわたる協力関係、世界レベルのサポートに対する取り組みにより、お客さまは素早く容易に自社の革新の力を解き放ち、スマートかつセキュアで接�された世界を生み出すことができます。

ラティスの詳細については、www.latticesemi.comをご覧ください。当社をリンクトイン、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ、WeChat(微信)、Weibo(微博)、Youku(優酷�)でフォローしてください。

Lattice Semiconductor Corporation、Lattice Semiconductor (及びデ�イン)、各製品名は、米国及びその他の国におけるLattice Semiconductor Corporationまたはその関連会社の登録商標または商標です。「パートナー」という言葉の使用は、ラティスと他法人との法的な提携関係を暗示するものではありません。

一般的注意事項:本リリース内で使用されているその他の製品名は提示のみを目的としており、各社の商標となっているものがあります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

MEDIA CONTACTS: Bob Nelson Lattice Semiconductor 408-826-6339 Bob.Nelson@latticesemi.com

INVESTOR CONTACT: Rick Muscha Lattice Semiconductor 408-826-6000 Rick.Muscha@latticesemi.com

Lattice Semiconductor (NASDAQ:LSCC)
Historical Stock Chart
From Oct 2020 to Nov 2020 Click Here for more Lattice Semiconductor Charts.
Lattice Semiconductor (NASDAQ:LSCC)
Historical Stock Chart
From Nov 2019 to Nov 2020 Click Here for more Lattice Semiconductor Charts.